2007年5月24日木曜日

九州でも「はしか」に注意

[九州7県はしか41人 集団感染なし「冷静対応を」 各県まとめ] / 社会 / 西日本新聞より
各県が把握している患者数は福岡9人▽佐賀2人▽長崎1人▽熊本6人▽大分3人▽宮崎2人▽鹿児島18人。大半が4月から5月にかけて罹患した。

 各県は通常、特定医療機関から報告を受ける「定点調査」に基づいて患者数を把握しているが、今回の41人のうち、福岡の2人と熊本の5人は、両県が関東地方での流行を受けて、県内の全医療機関に報告を求めたことから判明した。
「はしか」については
はしかに自然感染した人は終生免疫が残るが、予防接種を受けた人の中には、抗体がつきにくかったり、免疫が低下したりして感染するケースがある。同課は「身近にはしかにかかった人がいて、10日ぐらい後に発熱した場合は、すぐに受診を」と呼びかけている。
私は「はしか」にかかったことがあるか忘れましたが, とにかく注意が必要のようです.

0 件のコメント: