2008年3月8日土曜日

頭寒足熱(ずかんそくねつ)

最近「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」という言葉を知りました. 東京ガス: 住まいと暮らしの便利帖/理想の暖房とは?より
頭を冷やし、足をあたためる「頭寒足熱」は、古来からよく知られている健康法です。頭部は、温度が上がりあたたまると眠気を生じます。また、末端である足部は冷えやすくなっています。したがって活動時は「頭寒足熱」の状態が最適といえます(出典/「温熱生理学」中山昭雄)。
そういえばそうだな, とは思いましたが具体的に実践していませんでした. 18Lの灯油がなんと1,656円! 本と父親とadministrator/ウェブリブログでは
しかし、エアコンの暖房は頭が暖かくて足が寒いんだよな。それにスイッチ入れてもなかなか暖かくならないのも、イライラしてくるし。

そこで、自分の部屋の暖房に、ミニ電気カーペットをアマゾンで購入した。値段は1,980円で、すごくお値打ち。電気代も1時間で約0.3円で安い。大きさは45cm四方。パソコンラックの下に置いてある。

これが結構暖かくて、足下ぽかぽかで良い。いわゆる頭寒足熱って奴だ。それと去年買った電気敷き毛布を椅子の背もたれから掛けて座り、膝掛けをすれば、寒い朝でも何とかファンヒーターを点けなくても、しのげる。(このブログを書いている今もそんな状況)
ということで私も同じものを注文しました. 寒すぎる環境でもなく, また暖かい環境でもないところでは, こういうものがあったほうがいいような気がしています.

0 件のコメント: