2008年7月6日日曜日

結城浩『数学ガール/フェルマーの最終定理』 - 少女と共に追う、整数の《ほんとうの姿》

数学ガール/フェルマーの最終定理
結城 浩
ソフトバンククリエイティブ

書籍『数学ガール/フェルマーの最終定理』より
本書は「数学・青春・物語」として楽しい読み物になっていますが、数学的内容はいたって真面目、きわめて真剣です。

小学生や中学生でも分かるクイズから、大学生や数学教師にも難しい問題まで、さまざまな問題が登場します。

本書のテーマは「数論」です。

本書では、 { 1, 2, 3, ... } という自然数や、{ ..., -3, -2, -1, 0, 1, 2, 3, ... } という整数をはじめとして、有理数、実数、複素数という《数》の性質について考えていきます。

倍数、約数、素数、…といった概念は小学校で学びますが、私たちは、その《ほんとうの姿》をどこまで理解しているのでしょう。本書で紹介される話題は、一見ランダムに見えますが、その根底には《数の美しい姿》が隠されています。

簡単な数のクイズから始まり、 群・環・体を通って フェルマーの最終定理に至るまで、数学ガールといっしょに《ほんとうの姿》を探す旅に出かけましょう!
前作の「数学ガール」もとても面白いので, 今回も期待しています. この2冊を中学・高校・大学の図書館に何冊か置いておけば, 自然と数学好きが増える気がします.
数学ガール
数学ガール
posted with amazlet at 08.07.06
結城 浩
ソフトバンククリエイティブ

0 件のコメント: