2012年10月28日日曜日

自民党の日本国憲法改正草案前文(2)

現在の日本国憲法前文の2文目
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
 日本国憲法改正草案前文の2文目
我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。

前者は言葉遣いがわかりづらい印象です。
後者に「先の大戦による荒廃」とありますが、もっと具体的に書いてもよい気がします。「先の大戦」ってなんだっけ?とならないだろうか、ということです。

0 件のコメント: